出費する費用|美容業界でも人気を集める在庫管理システム|顧客のデータが必須
メンズ

美容業界でも人気を集める在庫管理システム|顧客のデータが必須

出費する費用

PCとグラフ

手形割引の手数料について

受取手形は期日前に現金が欲しいときに手形割引することによって現金化することができます。手形割引の手数料は銀行や手形割引事業者によって違います。まず、問題となるのが手形の振出元はどこかということです。誰もが知っている大企業なのか、規模は小さいけれども信用が高い企業なのか、それとも零細中小企業かによって手数料に違いがあります。当然ながら信用性の高い企業ほど手数料は平均して安くなります。安全性や信用性に不安がある会社の手形は当然ながら平均に割引手数料が高くなります。それだけ受け取れる現金の額も少なくなります。 どうしても急いで現金化する必要がある場合以外は手形割引をしないほうがいいでしょう。いずれ期日がくれば満額の支払いを受け取ることができるからです。

割引手数料の傾向について

手形を銀行や手形割引事業者で割り引く場合には手数料が必要です。振出元により手数料は違います。また、大まかに手数料の額は決まってもいます。株式上場の優良企業の場合は約年率6%、中小企業の場合は約年率14%程です。銀行や手形割引事業者により多少の違いはあります。共通しているのは会社の規模が小さいほど、手数料を多めに支払うことになります。この違いはその振出した企業に倒産や不渡りの危険性があるかどうかで判断されているからです。そのため、いくらこちらに信用があったとしても振出元に信用や安全性が疑われるときには銀行によっては割引に応じないところもあります。不渡りになれば、手形の割引をお願いした会社側に支払い義務が生じますが、それでも振出元に信用性に疑わしさがあれば難しいようです。